賃貸選びをスムーズに済ませる秘訣!部屋条件をまとめること

希望条件を整理してから部屋探しをしよう

ひと口に賃貸物件といっても、マンションやアパート、築年数や立地などの条件は様々あります。家賃の上限は自分の収入と照らし合わせて上限は自ずと決まりますが、それ以外の条件は譲れるものと譲れないものを一つずつ検討していきましょう。賃貸物件の希望条件がまとまったら、次はその条件に合う部屋を新聞広告や折り込みチラシ、賃貸情報サイトなどから探します。

不動産屋へも足を運んでみるのもおすすめです。希望条件をまとめていれば、それを伝えるだけで条件にマッチする部屋をいくつか紹介してもらえるので、スムーズに物件選びができます。広告チラシやネット上にも記載していない、優良物件の情報を握っていることも多いので、良い物件を選べるチャンスがあります。

建物の種類と立地の希望条件の整理術

賃貸物件でよくある建物の種類はマンションやアパートです。マンションは堅固な造りの鉄筋コンクリートの建材が使われていて、耐震性や防音性が良く、オートロックなどの防犯対策もされた建物になります。アパートの特徴は、木造や軽量鉄骨造の2階建ての建物で、木造なら通気性がよく、湿気に強いという利点があります。アパートの場合、耐震性や防音性、防犯性も低いですが、マンションよりも家賃は低い傾向があります。快適性と設備の充実を考えればマンションに、家賃を抑えたい人はアパートを選ぶことを検討するとよいでしょう。

立地は最寄り駅が地域の主要駅であったり、駅から近い場所にある利便性の良い場所は家賃が高くなります。反対に駅から徒歩15分以上の立地や、主要駅から1駅、2駅離れた場所は家賃が低くなります。立地は駅から遠い近いで通勤や通学にも影響するので、その点も考えて条件を決めていきましょう。

室蘭の賃貸は防犯のために様々な工夫がされています。オートロックや防犯カメラなど必要な設備が整った賃貸です。