気持ちのいい家って?間取りを考える上でのポイント

陽の光の入り方を確かめる

心地の良い家を造るためには、間取りをしっかりと考える必要があります。間取りを考える際には、陽の光の入り方をよく知ることが重要です。陽の光を考えずに設計してしまうと、日中に陽の光が入らずに暗く、夕方ごろから陽の光が入り、まぶしすぎるといった家になりかねません。陽の光を考えて設計すれば、電気代の節約にもつながります。季節も含めてどこに陽の光が入り、入らないのかを把握するとよいです。

風の通り道と開放感を考える

間取りの設計では、風がどのように通っていくかを考えることも重要です。風が家の中を通り抜けると、開放感があるほか、家の中の空気が滞らずに快適な生活を送ることができます。風の通り抜けは窓の配置と大きく関係します。どのような窓をどこに設置するのかをよく考えると、通年で快適に暮らすことが可能です。

生活のしやすさに直結する生活動線

生活のしやすさは、常日頃どのような活動をするのかに大きくかかわります。よく使う空間や移動に使う空間の行き来がしにくい設計になっていると生活がしにくくなります。これらの生活動線をしっかりと考えた間取りは、生活の質が大きく変わります。日頃どのような活動をしているのかを考えて、将来的にどのようにそれが変化するのかを考えて設計するとよいです。

家電や家具の配置を考える

生活するうえでは家電や家具が必ず必要となります。どのような家電や家具を、どこに配置するのかをあらかじめ考えて設計すると、空間を無駄にすることがありません。また、その位置に合わせてコンセントの配置も決まります。

京都の注文住宅と言ってもハウスメーカーは個性豊かで多彩です。自分の理想をカタチにしてくれる熱意の感じられるハウスメーカーを選びましょう。