そんなに違いがあったの?!家族構成と間取りの関係性とは

子供のいる家族に合う間取りとは

住宅として最も一般的なイメージでもある3LDKや4LDKといった間取りは、子供のいる家族にとって住みやすい空間でもあります。子供が中学生や高校生などの場合は、完全な個室を設けておく方が、プライバシーも確保できるため望ましいでしょう。まだ子供の年齢が低い場合は、可変性のある間取りにしておくことで、様々な環境に対応できるようになります。LDKに接する個室とLDKとの間や、子供部屋同士の間の壁を間仕切り建具などにしておくと、大きな空間が作れるだけでなく、必要な場合は個室として仕切ることも可能になります。

二世帯の家族に合う間取りとは

二世帯の場合、お互いとの関係性にもよりますが、基本的には水回りを分けておく方が望ましいでしょう。お風呂や歯磨きなどの順番待ちなど、生活面におけるストレスを回避できるようになります。朝や夜のバタバタする時間帯をスムーズに過ごすためにも、水回りを分けることは大切です。また、キッチンを分けておくことで、基本的には別々に食事をして、夕食や週末だけ一緒に食べるといった選択肢も持てるようになります。

ディンクス世帯に合う間取りとは

夫婦二人のみの家族の場合、お互いの個室を設けてみてはいかがでしょうか。それぞれが趣味の部屋として使うことができるため、自分ひとりの時間も充実させ、LDKなど共有空間では二人で仲良く過ごしたりと、メリハリの効いた生活が送れるようになります。また、夫婦揃ってホームパーティが好きな場合はオープンキッチンを取り入れたり、映画が好きな場合はホームシアターをつくったりなど、二人の共通点を大切にした間取りにすることもおすすめです。

横浜の注文住宅は、全国シェアを広げているハウスメーカーや腕利きの職人が在籍する工務店などで依頼ができます。