注文住宅の間取り!失敗しないために知っておくべきこと


土地の条件を知っておきましょう

注文住宅と聞くと、好きに建てられると思っている人がいます。しかし土地によっては、いくつかの制限が設けられている場合があるのです。例えば高さ制限のある地区では、三階建ての家が建てられないといったケースがあります。他にも道路斜線制限や、北側斜線制限といったものがある地区があり、間取りに影響を及ぼす可能性が高いです。これは景観を守るためや、各家の日当たりを確保するために設けられた制限です。基本的には不動産会社や土地のオーナーに聞けばわかりますから、事前に調べておくと間取りが決めやすいです。

流行りの間取りの注意点を知っておく

展示会に行くと、店員さんから「今流行っている間取りです」と、吹き抜けや屋根裏収納を勧められることがあります。おしゃれですし、多くの人が採用していると聞くと魅力的に感じますが、すぐに決断せずしっかりと注意点について把握しておきたいです。まず吹き抜けについてですが、家を広々と見せられるのがメリットです。ただ耐震強度が下がってしまうことがあります。そして屋根裏収納は、大抵の場合はしごで上り下りをするため、家電や大型の家具などを出し入れするのが大変になります。

外の状況を考えた間取りにする

間取りと聞くと、室内のことばかり考えてしまいがちですが、必ず外の状況を加味した上で決めるようにすると失敗が少ないです。意外と多いのが、隣の二階から自宅のリビングが丸見えになってしまうといったことです。他にも自宅前の道路を歩く人の視線が気になる場合があります。そのためまずは土地を購入した際に、隣家の窓やベランダの位置を確認しておくと良いです。

千葉の注文住宅は将来性を考えると価値が上がる可能性があります。東京都から近い立地ですので資産価値があります。